病院案内

病院案内
当院の主な施設
待合室 受付 処置・検査・調剤室 手術室 入院室(犬猫別室有)

当院の診療方針について

当院は犬・猫・小動物全科を診療するホームドクターです。

鎌倉のホームドクターとして、腫瘍の摘出手術などの外科手術から、爪切り・肛門腺絞りなどの衛生管理まで、動物と飼い主様が必要な診療を行っています。

気軽に寄れて、ちょっと思いついたことでも何でも聞ける動物病院です

動物を飼っていて誰もが感じる疑問や悩みに応えたいと考えています。

もっと動物にやさしい獣医療

動物の生涯に渡り、あらゆるライフステージと健康レベルに合わせて、身体と精神の健康を保持し、安楽な生活を飼い主様と過ごせるように多方面からサポートします。

痛みの緩和とコントロール

日常生活や闘病時に動物の苦痛や不安、痛みなどを最小限にできるような診断・治療法を提案します。外科手術時には術前、術後のペインコントロール(疼痛管理)を実施し、さらに、動物の急性疼痛だけではなく、慢性・癌性疼痛のコントロールもご家庭で過ごしながら行えるようにサポートします。

獣医師会に所属し,地域の動物医療や社会のために貢献します

神奈川県獣医師会・湘南獣医師会の会員として、1つの動物病院では解決できない地域の問題や社会貢献、ペットのための防災活動を行なっています。
縁があって家族の一員となった動物たちが、飼い主様の元で幸せな生涯を全うできることを目指し、動物のウェルネスを第一に考えて、日々の健康管理を含め、飼い主様の気持ちに寄り添った獣医療を提供したいと思います。みなさまに信頼される動物病院をめざして,スタッフ一同頑張っておりますので,よろしくお願いいたします。
院長 齋藤隆

設備案内

当院の主な設備
血球計算装置
生化学自動分析装置
X線検査装置
顕微鏡(液晶モニター)
遠心分離機
半導体レーザー治療装置
イソフルラン麻酔装置
高圧蒸気滅菌装置
超音波検査画像診断装置(カラードプラ搭載)
多項目麻酔モニター装置(呼吸ガスモニター搭載)
心電計
自動現像器
ネブライザー
酸素室
シャーカステン
電動スケーラー
尿検査装置
紫外線滅菌機
外耳道洗浄器
半導体レーザー治療装置cs:手術時の止血を確実にします。無麻酔でのイボ蒸散や創傷治癒にも使用します。
超音波検査画像診断検査:心臓や他の臓器の形態や動き、血流などを調べて異常がないか観察します。
心エコー検査から、お腹の検査まで幅広く使うことができます
血球検査装置:貧血、脱水の程度や感染症の有無などを調べます
多項目麻酔モニター:心拍数、呼吸数、血圧、心電図、体温、酸素飽和度、麻酔濃度などの生体モニターです
血液生化学検査:腎機能、肝機能、血糖値などを調べます。あらゆる疾患診断の指標となり、結果の推移の評価を行います。
X線検査装置:臓器や骨の形態的な異常を調べます。腫瘍や異物の発見にも役立ちます。
心電計:心臓の電気的な活動の様子を記録して心臓の状態を調べます。
ネブライザー:呼吸器に異常がある動物を酸素室に入れ、薬を霧状にして口や鼻から自然に吸入させることができます。
尿検査器械:尿蛋白、尿糖、尿潜血、pH値などを調べ疾患評価の指標とします。